生活費がない!貯金もない!すぐに現金が必要な時の解決方法は?

MENU

生活費がない!貯金もない!どうしたらいいの?

第1位 アイフル


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須

 

 

「生活費がない貯金もない」...こんな時どうすれば良いのでしょうか?
毎日生活していると「お金が足らなくて困ってしまう状況」になってしまうことだってあります。

 

しかし「生活費がない、貯金もない」という時に限って、急な出費等でお金が必要になるもの。
生活費がないし貯金もない状況では家賃や光熱費は勿論のこと、食費や子供の学費だって払えないですよね。

 

「生活費がないし。貯金もない」といったように「差し迫った状況」にある時、「カードローンでお金を借りるのが手っ取り早い」と考える方も多いですが、安易な借金は危険です。

 

一時的にお金を用立てることができたとしてもその後の返済が苦しくなる可能性もあります。
ですので、生活費がないし、貯金がないからといって、真っ先にカードローンでなんとかしようと考えず、他に手立てはないか一度冷静になって考えましょう。

 

 

【このページの目次】

 

生活費がないがないなら、まずは節約を

 

毎月のように生活費が足りない状況に陥っているのであれば、出費を抑える必要があります。

 

収入を上回る支出が出ているわけですから、生活費がないし貯金もないなら、一度家計の見直しして節約を図ることも必要です。

 

 

電気代やガス代、水道代、携帯代、食費など削れそうな部分は出来るだけ削るように努力しましょう。

 

しかし、今お金がないこの状況をなんとかしなければいけません。

 

 

ですから、生活費を見なおしたところで、すぐにお金を工面できるわけではありません。

 

では生活費がない貯金もない時にはどうすれば良いのでしょうか?

 

 

生活費がないし貯金もない時には短期バイトか質屋などを利用

 

生活費がない貯金もないのであれば、一時的でも良いので収入を増やすことを考えてみましょう。

 

カードローンでお金を工面できたとしても、借金であることには変わりありません。

 

 

借りたお金は返さなければいけませんから、結局支出を増やしてしまうことに他なりません。

 

最終的にまた生活費がない、貯金もないとなってしまいます。

 

 

ではどうやって収入を増やせばよいのか?

 

今の給料を2倍にするなんてことは流石に難しいですから、アルバイトで一時的に収入を増やすのが良いかと思います。

 

 

アルバイトには長期的なものだけでなく短期的なものもあります。

 

さらに「生活費がない貯金もないという人」の都合に合わせて働ける「登録制のアルバイト」というものがあります。

 

 

登録制アルバイトは、派遣会社に登録を行うと、派遣会社から仕事情報の紹介が、定期的もしくは不定期で行なわれます。

 

生活費がない貯金もない状況で仕事を紹介されたからといっても、無理に働く必要はありません。

 

 

内容を確認して自分が働きたいと思えば選べばよいですし、都合がつかないやりたくないと思えば、そのままスルーしてしまえば良いだけです。

 

この様に、登録制バイトは「生活費がない貯金もない」といった人の都合に合わせて働くことができますので、ダブルワークとしても非常に適しているといえます。

 

 

 

登録制バイトの仕事内容は「派遣会社やその日の案件」によって実に様々なものがあります。

 

イベントスタッフやキャンペーンスタッフは特に多いです。

 

また、男性で生活費がない貯金もないなら、現場仕事などの肉体労働系、工場なども多いです。

 

 

登録制バイトにも高額案件はありますので、「生活費がないし貯金もないから、短期でガッツリ稼ぎたい」という方は、そういった仕事を中心に選ぶのも良いでしょう。

 

ただし、給料が良い物はだいたい仕事内容がハードなものばかりですので、ある程度の覚悟はしておいたほうが良いでしょう。

 

 

生活費がない貯金もない時に、登録制バイトでお金を稼ぐ以外には「リサイクルショップや質屋」を利用する方法もあります。

 

「家にある使っていないもの」や「不要品」、「自分にとってはいらないもの」でも、誰かにとっては必要な物になり得る可能性があります。

 

 

そうなれば、そこに価値が生じ、お金へと換えることが出来ます。

 

生活費がない貯金もない時には日y上に助かります。

 

 

不用品を捨ててしまう前に、まずは一度リサイクルショップで査定してもらうと良いでしょう。

 

リサイクルショップでも店舗によって査定額に差がありますので、複数店舗で査定して比較すると良いでしょう。

 

 

その中で一番高く買い取ってくれる店舗へで買取りしてもらうようにしましょう。

 

生活費がない貯金もないなら、少しの手間をかけても良いですね。

 

 

「店舗が近くにない」「物を売りに行く時間がない」という方は、インターネットを使って一括査定をしてもらうと良いでしょう。

 

簡単に査定見積もりの比較ができますので、家にいながらでもOK。

 

 

大手業者であれば、出張買取をお願いすれば、自宅まで取りに来てくれます。

 

ですので、生活費がないし貯金もない状況で、近くに店舗がない方や時間がないという方でも安心です。

 

 

リサイクルショップの買取価格は、相場よりも低く見積もられることが基本です。

 

リサイクルショップでは買い取った商品を販売して利益をえるわけですから、相場よりも安く買い取るのは当たり前の事です。

 

 

ですから、生活費がない貯金もない状況で、より高く売りたいのであればオークションに出品するのが良いです。

 

オークションであれば相場に近い値段で売れる可能性がありますから、そちらも検討してみると良いでしょう。

 

 

ただしその場合、リサイクルショップとは違って現金を手にするまでに時間がかかります。

 

ですので、いくら生活費がない貯金もないとしても、時間に余裕が無い時に利用するのは注意が必要です。

 

 

ブランド品や貴金属は「質屋」がおすすめです。

 

質屋でも店舗によって最低額は差がありますので、こちらもネットを使って複数店舗に査定を依頼してみると良いですよ。

 

 

また、質屋では品物を担保にすることで借入することも可能です。

 

指定期間内に利息と元金を返済できない場合は、品物の所有権を失います。

 

ですが、特に取り立てや最速は一切ありませんので気軽に借入できます。

 

 

生活費がない貯金もない時は福祉協議会などの国の公的融資も

 

生活費がない貯金もない時に考えたいのが「公的な支援制度」です。

 

住んでいる地域の「福祉事務所」や「市町村役場」に、「生活費がない貯金もない」と相談すれば、公的融資を受けることも可能です。

 

 

イチバン適当なのは、各地方の社会福祉協議会が行っている「生活福祉資金貸付制度」かと思います。

 

生活費がない貯金もない個人ではなく、世帯に対して貸付を行うもので、世帯の収入を基準として貸し付けの可否が審査されます。

 

ただし、どの世帯でも利用できるわけではなく、対象となる制度が決められていますので注意が必要です。

 

 

生活費がない貯金もない中でも、「低所得世帯・障害者世帯・高齢者世帯」のいずれかに該当する世帯が対象です。

 

「低所得世帯」と「高齢者世帯」の場合は、世帯の収入の基準が定められています。

 

そして、その収入基準を下回っている場合は、利用基準を満たしていると見なされます。

 

 

ただ、あくまでも貸付ですから、当然返済しなければいけません。

 

返済は融資を受けた翌月から一般的ですが、生活福祉資金貸付制度の場合は2ヶ月〜6ヶ月間の猶予が設けられています。

 

ですので、生活費がない貯金もないなら最長で6ヶ月後から返済開始ということになります。

 

 

同じ生活費がない貯金もない状況でも、保証人の有無によって金利は変わってきます。

 

保証人がいない場合は「1.5%の利息」がかかり、保証人がいる場合は「無利息」でお金を借りる事が出来ます。

 

 

そして、この生活福祉資金貸付制度は、利用目的によって支援金の種類が分かれています。

 

生活費がない貯金もない時に、一般的な利用目的で使用されるのが「緊急小口資金貸付」です。

 

 

借入限度額は「最大で10万円」、返済は貸付日から3ヶ月後から開始となり、返済期間は「8ヶ月間」です。

 

もちろん無利子での借入が可能です。

 

生活費がない貯金もない時にはありがたいですね。

 

 

 

生活費がない貯金もない場合に、何かと良い面が多い貸付制度、さすが公的機関といったところでしょうか?

 

しかし公的融資にもデメリットはあります。

 

 

まず、申請から実際に借り入れ可能となるまでに「最短でも5日程」かかることです。

 

緊急小口資金貸付というからには、緊急時に最適な貸付制度のように思えます。

 

 

ですが、生活費がない貯金もない状況であっても、「最短でも5日」は必ずかかります。

 

他の生活福祉資金貸付に至っては、貸付までにおよそ1ヶ月ほどかかるそうです。

 

 

しかも最短であって場合によっては、もっと時間がかかることもあると思ったほうが良さそうです。

 

生活費がない貯金もない時にはつらいですね。

 

 

そして、生活費がない貯金もない人でも利用するための条件はかなり細かく規定されており、上記で紹介した世帯条件をクリアしているだけでは利用することは出来ないのです。

 

 

 

例えば、「緊急で生活費が必要になった理由を書類で証明しなければいけない」「直近で生計を維持できていた人は、収入があること」「この貸付制度を利用して急場をしのげること」「他の給付金制度を利用できる場合はそちらが優先となる」などです。

 

 

公的制度はどれも生活費がない貯金もない場合であっても、利用するのに非常に手間がかかります。

 

 

生活費がない貯金もない場合の【秘策】とは?

第1位 アイフル


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須

 

 

緊急小口資金貸付は10万円まで利息無しで利用OK、返済は3ヶ月後からで8ヶ月間かけて返済と、さすが公的融資というだけあり非常に便利です。

 

しかし、上述したように融資を受けるまでに時間がかかる上に、生活費がない貯金もない家族でも利用条件が非常に厳しいのがネックと言えます。

 

 

働いて継続的に収入を得ているのであれば、カードローンの利用を検討してみるのも良いでしょう。

 

ただし、冒頭でもお伝えした通り、安易な借金は非常に危険を伴います。

 

 

生活費がない貯金もない状況なら、なおさら申し込みする前にきちんと計画を立ててみましょう。

 

「いくら必要なのか」「希望する金額を借りたとして、月々の返済額はいくらになるのか」、そして「借りる金額で毎月無理なく返済していくことができるのか」などをチェックしましょう。

 

 

カードローンは金利が高めですから、利息を多く支払わなければいけません。

 

生活費がない貯金もない状況でも、カードローンを利用する前に親や友人を頼ることは出来ないかを、一度相談してみるのも良いでしょう。

 

 

あくまでもカードローンは生活費がない貯金もない時に、一番最後に検討するもの。

 

あれこれ手立てを考えてみたものの、どうしてもお金を工面できない時には利用を検討してみましょう。

 

 

 

カードローンの利用条件は、生活福祉資金貸付制度のように特別厳しいものではありません。

 

生活費がない貯金もない場合でも、働いて毎月安定したな収入があり、ローンやクレジットの返済を一度も延滞したことがなければ、審査通過の可能性は十分にあります。

 

 

カードローンでは雇用形態の制限はありませんので、パート・アルバイトでも問題なく利用できます。

 

審査は最短即日回答で、上手くいけばその日に借り入れすることも可能です。

 

 

特に大手消費者金融は対応が早く、1時間もあれば融資を受けることも出来ます。

 

また、一部の大手業者では期間限定の無利息キャッシングを利用することも可能です。

 

ですから、一時的ではありますが利息無しで借り入れすることもでき、生活費がない貯金もない時には非常に助けになるでしょう。

 


第1位 アイフル


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須